手塚治虫原作のリボンの騎士のミュージカル版。よくわからんが再演らしい。

サファイヤ役に冨岡真理央(97年アニー)、ヘケート役に高畠華澄、チンク役に高橋愛子(2000年モリー)、そして侍女役に岡田茜(アルゴっつーか、元Nモニ(^o^;)、安藤由紀(96年アニー)という布陣。

内容は…リボンの騎士の出てこないリボンの騎士でした(謎 原作を詳しく覚えてないのでなんともいえないのですが、リボンの騎士ってサファイヤの男の部分の切り出されたもの(女の部分が切り出されたものが亜麻色の髪の乙女)なのではないかと思うので、これが出てこないと「男と女と二つの心を持っている」という物語上のポイントがぼやけるんじゃないかと思うんですが…実際に、物語は王位継承問題のために男子として育てられたサファイヤ王女の心がそれをとりまく三人の男たちの間で揺れ動く、とゆーよーな筋になっていて、あんまり「二つの心」はどーでもいいようなないようになっておりますた。つーか、結局、誰が王位を継承したのか最後まで良くわかんないし(^o^;

まぁ、そういうことを抜きにすれば、冨岡ファン、高畠ファン両方とも楽しめるよーなお芝居だったと思います。公演数少ないけど、まぁ、一度くらいは足をお運びください>おおる。