8Mile/
『8 Mile』ってタイトルは、基本的にはデトロイトの人種のボーダーラインを意味してる――シティと郊外を隔てているラインをね。もちろん、必ずしも金持ちと貧乏人を隔ててるってわけじゃないけど、まぁでも肌の色のボーダーラインって感じだな。で、この映画は、その両側を見て育ち、いつも狭間でどっちつかずの状態に陥っている1人のガキを描いてるんだ。そいつは色んなことを恥だと思ってる。自分の住んでいる地域とか、白人だってこととか、自分がアホでマヌケだってこととか……。

この映画は2002年に制作されたもので、当時はEMINEMが主演ということでかなり話題になった。
でも、HIPHOPというものに興味、理解がなかったあの頃に観なくて良かった。

今観るからこそこの映画の魅力が120%理解できたし、内容もかなり濃く感じた。


デトロイト近郊のラッパーは本物(Real)、そこから8Mile離れたヤツらのラップは偽物(Fake)と区別されていた。
郊外に住むJimmy Smith Jr.、通称ラビット(EMINEM)は、複雑な家庭環境のなか、母親と妹のために成功を掴むべくアーティストとしてプロデビューする夢を持つ。
しかし友人に裏切られ、自分の女も奪われ、仲間もコケにされ、自分もフルボッコにされる。

プライドも体もボロボロにされたJimmyだったが、彼が手にしたのは銃でもナイフでもなく、Micだった。

デトロイトのクラブ:シェルターで行われるラップバトルでJimmyの反撃が始まる!

このDVDの特典映像でEMINEMが言っていた「ラップバトルで負ける事は死ぬことに等しい。」という言葉は大げさではなく、趣味や遊びではなく、「生き残るため」の勝負をしているからこそ出てくる言葉だということが分かる。

初主演映画『8 Mile』からパンツの中身まで!?エミネム・インタビュー [BARKS]
インタビューでは、
あの映画は俺の話じゃないぜ。俺に似てるガキを演じてるってだけだ
って言ってるけど…。
EMINEM自身の体験に基づいているらしく、ほぼ実体験そのままの内容になっているらしい。
つまり、EMINEMの自伝的映画といっても過言ではないわけだ。

ラスト20分のスリースタイルのバトルは、見応えあり。

ラップバトルで始まって、ラップバトルで終わる。
正真正銘のヒップホップ映画だった。
でも、それらのバトルを面白くさせているのは、ストーリーがおざなりにならず、映画の骨組みがしっかりしているからだと思った。だからこそラップバトルのシーンも物語の1部として馴染んだし、緊張感がリアルに感じられた。

なによりもEMINEMの演技者としてのチカラがあることも理解できる。
HIPHOP好きにはたまらない、知らない人はHIPHOPがただHeyとYoだけ言ってる世界じゃないことが分かると思うし、興味が出てくるんじゃないかと思う、そんな作品。

8 Mileに込められた言葉の意味、重さ。
ぜひ観て感じてもらいたい映画でした。

トレーラー/ 8 Mile


Lose Yourself/EMINEM