おはようございます。

 

書こうかどうか迷いましたが、やっぱ昨日のエントリーだけじゃ

物足りないので、ネタバレありの感想を書きたいと思います!

なので、まだ観ていない方は申し訳ございませんが、

この先は観てから見てみてください^^

 

 今回の作品は、予想外の展開が多かったということは先日の

エントリーでも書きました。

 

wind0627.hatenablog.com

 

最初は、単に瀧と三葉が入れ替わってドタバタな

感じから恋愛に発展していくんだろうなーぐらいのことしか

思ってなかったのですが、まさか時間のずれがあったというのには

驚きでした。

その上、一度は彗星で死んでしまう三葉の運命を変えて最後の最後に

大人になってからまた再会するというストーリーは良かったです。

 

時間軸については、このブログが分かりやすと思います。

ayihis.hatenablog.com

 

今までの、新海誠監督の作品の作り方だと最後は出会ったとしても

お互いにすれ違うだけ(秒速5センチメートルの時みたいな)だったと

思いますが、そういう終わり方も新海誠監督は考えていたんですかね?

 

そして、今回の作品でもう一つ惹かれたのが途中途中入る挿入歌。

今までの作品では、あまり見られなかった手法だけに

「おおっ!」と感心してしまいました。

特に、2人が入れ替わっていると確信したときのシーンは、最高でした。

 

ここまで、良いことしか書いていないですが、悪い所はあったのかと

聞かれると、また難しいですね。。。

それだけ、今回の作品は完成度が高かったと思います。

 

とは言うものの、自分の中での新海誠監督の作品のランキングでは、

やっぱり「雲のむこう、約束の場所」が一番ですかね。 

劇場アニメーション「雲のむこう、約束の場所」 [Blu-ray]

劇場アニメーション「雲のむこう、約束の場所」 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: コミックス・ウェーブ・フィルム
  • 発売日: 2008/04/18
  • メディア: Blu-ray
  • 購入: 3人 クリック: 1,160回
  • この商品を含むブログ (49件) を見る
 
雲のむこう、約束の場所

雲のむこう、約束の場所

  • 作者: 新海誠,加納新太
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2005/12/26
  • メディア: 単行本
  • 購入: 5人 クリック: 45回
  • この商品を含むブログ (53件) を見る
 

 

これは、「君の名は。」で新海誠監督を知った方には、ぜひ見て欲しい作品です。

この作品でも、学生の淡い恋物語が展開されますが、ラストに至るまでの

展開が熱いです。

個人的には、映画よりも小説版のほうが好きなのですが、小説版の内容を

含めた上で、リメイクしてほしいぐらいです。

 

とまあ、感想としてはそのぐらいですかね。

色んな意見はあると思いますが、これからも新海誠監督の作品には

注目していきたい所です。